<   2012年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

想ったらすぐ

行動や~!って愛犬じろうで感じたのに・・・
[PR]

by dog_sky1116 | 2012-02-23 23:19

8年と3ヶ月

14日の23時頃から16日の8時20頃まで、ず~っと付きっ切りだったのもあり
「仕事行きたくねぇな・・」とめっちゃ思いながら

f0180079_9472383.jpg


「ほな行って来るわ、帰ってきたら傍らでマッサージとかしてずっとおるからな」
とか言って手を振りながら撮りました。

部屋から出るとき上目遣いでジーっと見てて、「健気なヤツメww」とかちょっと内心複雑すぎwwww
なんとなく、今夜ぐらいが勝負やろと勝手に思っていたため最期は言葉掛けだけで
苦しそうに呼吸をしているじろうを撫でてあげなかった。


11時50分頃

たった5分程度親が洗濯干しに降りている間に、
酸素濃縮スペースから動くのも苦しいはずなのに、
見つけてほしかった・・・と言えば飼い主のこじ付けなんでしょうが
スペースから這い出ていて、見つけた親が急いで鼻に吸引チューブを充てたのですがそのまま・・・


12時半過ぎだったかな、普段作業中では絶対に外れない装着モノが外れたんで
覚悟はしたんですが

「いやいや、『知らせ』とかまたまたご冗談をwww」
「緊急連絡も着てないし、本当はしぶとく生きてるんやろwww犬なのにゴキブリ並みにwww」
「苦しいのに、ウチが戻るまでホンマ頼むから絶対に生きとけとかwwww撫でさせろとかwww
笑うわwwで、『頑張ったな』と定番のお涙発言して逝けってwwww」
「こういう時だけ、普段祈りもしない神頼みwww苦しまないようにおねがいするわ・・・」


知らせるのじろうさん遅すぎwwww
親からの話しを聞いて、思ったことが全部逆wwww

f0180079_9475836.jpg



22時に実家に戻る。
正直、じろうを見てから10分ぐらいは実感がなかったです。
本当は舌をちょっと可愛く出して寝てるだけなんだろ?とか、
本当はコレそっくりな着ぐるみなんやろ?とか

で、徐々にじゃなくて急にくるんですね。

目の前にじろうが居るのに、もう「じろう」と呼んでも反応してくれない。
撫でてあげても喜んでくれない
体も肉球も冷たくなってる。


「頑張ったな」とか「お疲れさま」とか言えないですよ。泣いてばっかりでした。
泣きながら犬友や知人にお知らせメール。

返信メールやコメントの一文字一文字がものすごく重く、つらかったよ・・



犬   「眠るの!?僕、眠るの!?ねぇ!今!ここで眠る!?」
飼い主「あぁ、眠るよ」
犬   「本当!?大丈夫なの!?ただ疲れただけじゃない!?」
飼い主「あぁ、15年も生きたから大丈夫だよ」
犬   「そうかぁ!僕犬だから!犬だから歳わかんないから!」
飼い主「そうだね。わからないね」
犬   「うん!でも15年も生きたんだ!そうなんだぁ!
     じゃぁ眠っていいんだよね!」
飼い主「そうだよ。いいんだよ」
犬   「よかったぁ!じゃぁ眠ろうね!穏やかに眠ろう!」
飼い主「うん、眠ろうね」
犬   「あぁ!15歳だから大往生だね!ね、ご主人様!」
飼い主「うん。静かに眠っていいよ」
犬   「あぁーご主人様は今ぼろぼろ泣いているよー!
     笑って見送って欲しいよー!今までありがとねぇー!」

[PR]

by dog_sky1116 | 2012-02-18 11:42 | じろう

じろう闘病生活4

2月11日朝、仕事が休みのごとに実家のじろうに逢いに帰る簡単なお仕事(^^)

外に出すと、フラフラした足取りではありますが自力でおしっこをしてくれて
「マジすげぇよ・・時代が来てるねぇじろうさん」状態(笑)

朝10時の段階
f0180079_034385.jpg


脱いだらすごいんです系ワンコ。
顔の方は至って健康な感じなのですが、
やっぱり胴体の方が筋肉が落ち、アバラが浮き・・・


食欲はあってご飯は、平べったくでなく盛ってあげると↓こんな鬼の形相で食べてくれます。お水では普通なのにね(笑)
f0180079_017016.jpg





点滴後のじろうさん
f0180079_0115790.jpg



f0180079_0145646.jpg


「ご飯ほしい・水ほしい・床ずれしそうなんやけど」と何を訴えてるかなんとなく判るこの不思議さ
[PR]

by dog_sky1116 | 2012-02-16 00:21 | じろう

じろう闘病生活3

2月8日11時、21時半に仕事終わって大阪から実家へ

6日にじろうが、最期のチカラを振り絞ってなのか
玄関先からリビングの真ん中辺りまで這い蹲って移動して
見つけてほしかったのかな・・やら診断室内での様子やら聞いて号泣・・・


f0180079_21392222.jpg


2月9日9時、ようやくじろうと対面~♪

方針は・・・
ベストは2~3日に1回の皮下点滴と1日2錠のお薬。
右の肺を犠牲にしてでも、まだ正常な左の肺を生かす
血液を心臓に送りかえる力を保つ為に、ホント無理のない範囲で少しでも歩かせる、又は後ろ足をマッサージなどをした方がいいとのこと
抱きかかえる時は、お尻付近と首の真ん中辺りにある骨?を支えるようにして抱く
深い息をし始めたら、なるべく早く病院へ


先生曰く、搬送された時点で「これはダメだろうな・・・」だったそうです。
よく立ち上がるまで持ち直したなと言っておられました。
[PR]

by dog_sky1116 | 2012-02-15 21:52 | じろう

じろう闘病生活2

2月7日、前日から24時間連続で皮下点滴(抗炎症剤)。
先生のワンコ(柴で、じろうと同じく迷い犬やったそうで)での輸血犬

胸の辺りに血が溜まっていた為、胸腔穿刺で血を抜いてもらう。
100cc前後抜いてもらっても、体内のどこかしらで血が出てきている状態なので
利尿剤を使用してある程度体内に吸収させてもらいました。

この時点で、肝臓・腎臓もたいぶ弱っていて6日のぐったりしていた状態とあまり変わらず。



2月7日19時頃、顔を上げてウェットのご飯を食べたそうな。

腫瘍が右の肺を圧迫してるため、下手に持ち上げるとその圧迫によりそのまま窒息死になりかねない
と言われたそうで、自宅に戻す場所と寝床対策を実家の方に準備してもらう。

後、輸血しても10日ほどでダメになるとの聞かされる
[PR]

by dog_sky1116 | 2012-02-15 21:27 | じろう

じろう闘病生活

2月6日朝、おしっこだしでの軽めのさんぽをするもご飯・水もそんなに食べず飲まず。

2月6日昼、両前足をピンとまでも行かずながら突っ張った状態で毛布の上。呼びかけに多少反応が弱かったらしい

2月6日14~15時、さんぽに行かそうにも立ち上がらず、両前足そのまま。
2月6日夕方、流石にオカシイとなり動物病院検索。搬送。この時点で、歯茎がピンク色から真っ白

貧血と肺炎、脱水症状と言われ「覚悟して下さい」と言われる。母親の名前で署名で出来る限り事をして頂く。

レントゲン検査、エコー・血液検査
[PR]

by dog_sky1116 | 2012-02-15 20:37 | じろう

Furry's ACT_鶴見1

かわいい!だけじゃない、そんな動物たちでパフォーマンスをするのがFurry's ACTさん。

ショー前などでは、色んなキャラクターたちと写真を撮ったり、握手したりハグをしたり・・・
ふれあいのひとときを楽しめるグリーティング。

ショーでは、得意のパフォーマンスを披露してくれるキャラや音楽に合わせてのダンスありなど





f0180079_9352992.jpg


f0180079_936913.jpg


f0180079_9363822.jpg


f0180079_937453.jpg


f0180079_9372634.jpg

メインパフォーマーはサーデュオンくん!
ジャグリングもアクロバットもできるパフォーマーさんです。海外のイベントに招待されるぐらいスゴイんです


特にお子さん連れの方で、ACTさんのイベントを見つけた時には是非、御覧になって頂きたいですね(^^)
[PR]

by dog_sky1116 | 2012-02-04 10:49 | 着ぐるみ

一日経ちました。

早くも問題点続出で現場と受付で悲鳴が・・(苦笑

問題点はそのつど対策すりゃ~いいんですが
作業に違和感が・・、

それはそれで新しい動きに対しての慣れの問題かな~なんて思ってますが、甘いかな?
[PR]

by dog_sky1116 | 2012-02-02 06:49

2月・・・

今日から配置換えやけど、一般部門と共存できるんやろうか?

肩身の狭い思いをしての仕事となるか、そうでないか  予想は7:3
職場に行きたくないでござる~_l ̄l〇
[PR]

by dog_sky1116 | 2012-02-01 07:03